借金がかさんで債務整理を考え

借金がかさんで債務整理を考えていたのですが、家族に発覚することが不安でした。

本当は任意整理をして返済の負担を軽減するつもりでしたが、すでに借金がかさんでいましたから弁護士と相談して個人再生を行いました。

車は引き上げられてしまいましたが、家をそのままにできたのは有難かったです。最終的に、債務は相当減らすことができましたし、これがキッカケで借金の事実を家族に打ち明けられましたから、精神的な面でも債務整理をして良かったと思っています。債務整理の手続きは複雑で時間がかかるものなので、終わるまで数ヶ月を見た方が良いでしょう。でも、債務整理中に借金の金利や延滞損害金が追加されるようなことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合、債務は減額されますが、一部の債務が残るでしょう。
この返済分については、利息がつくことはありませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、延滞損害金が発生しますし、場合によっては一括での返済を求められるケースもあるためきちんと返済するようにしてください。

借金が多くなってしまって任意整理をすることになった場合、また、新たに借金をしようとしたり、クレジットカードを作りたいと考えても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査に通過することが出来ず、数年程度はそのようなことを行えないといった事になるのです。借金がクセになっている人には、かなりの厳しい生活となるでしょう。

債務整理は、多重債務などで支払えなくなった借金を整理するのに有効な手段ですが、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。実際のところ、債務整理には自己破産や任意整理などの違いがあり、どの方法を選択したかで完了までに必要な期間にも差があります。

けれど、どれだけ簡易な債務整理の方法を選んだとしても、3か月はかかるものだと思います。

もちろん、借り入れ先の数が増えるほど必要な時間も増えてしまいますから、1年近くかかるケースや、場合によってはそれ以上の時間が必要になる可能性もあります。

自己破産、個人再生、任意整理といった債務整理は、本人が処理できないこともないのですが、どの弁護士に聞いても無理だと答えるはずです。債務の減額を目的とする任意整理では、債務者本人が言う話というのは弁護士のような客観性に欠けますし、裁判所を介する個人再生でも、必要書類を自分で書き起こすわけですが、未経験者にできるものではありません。
これが自己破産となると更に時間も手間もかかります。ですから債務整理というのはやはり実績のある弁護士や司法書士にお願いするのが妥当なのです。どのような内容であろうと、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。自己破産というものは、そもそも、今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。
この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

後ろめたいことでも正直に申告しないと、大きなペナルティになりますから、きちんと伝えるようにしましょう。
債務整理をしてみたことは、勤め先に内密にしておきたいものです。
職場に連絡されることはないはずですから、見つかることはないでしょう。

ただし、官報に掲載されてしまうケースもございますので、見ている方がいたら、気付かれるかもしれません。
節度ある使い方をしている場合、大変役に立つクレジットカードでも、買い物に使い過ぎたら毎月の返済が困難になります。

こうした場合に行いたいのが債務整理です。

債務整理をすれば、債務の減額を認められたり、毎月の返済額を適正な範囲にして完済に向けて生活を立て直すことができます。ただ、当然ながら債務整理をすればカードの利用ができなくなりますし、場合によっては、ショッピング枠で購入した商品が整理の対象になり、クレジット会社に引き上げられることがあります。
債務整理には多少の難点もあります。債務整理に陥るとクレジットカードなどの全ての借金が不可能になります。
要するに、融資を受けられない状態に陥り、キャッシュのみで買い物をすることになってしまうのです。これはかなり大変なことです。

債務整理の方法は、数々あります。

中でも最もさっぱりするやり方は、一括返済してしまうやり方です。一括返済の場合の利点は、その債務をまとめて完済しますので、以後の複雑な書類の手続き及び返済が必要でない点です。
理想的な返済方法であると言っても良いでしょう。債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。

その差というのは、元金が減額されることがあるかないかです。
任意整理では債権者と債務者の話し合いで返済額は将来利息をカットしたもので決定し、各月の支払いを行っていくことになり、一般に元金が減ることはありません。
他方、民事再生はまず裁判所に返済計画を提出し、それが認められた場合に、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。もし債務整理を無事に終わらせることができたら、再び借入することができるのでしょうか。
これについては、債務整理が終わった後、しばらくは金融機関のローンや借入をするのはほぼ不可能になるでしょう。もし債務整理を行うと、金融事故歴アリとして最低でも5年間は信用情報機関にこの情報が残ってしまうでしょう。

ですから、ETCカードや分割払いで高額の商品を購入することも簡単にはいかなくなるでしょう。実際に債務整理を行う人の中には、精神的な問題、特にうつ病を患ったせいで借金が膨らんでしまったというケースも珍しくありません。
たとえば、職に就けないまま借金し、滞納を繰り返したり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ多重債務者になっていたということは、誰だって言いたくはありません。

でも、そのせいで一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

そのために、うつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。
カードローンは自己破産の差し押さえにつながる